MENU

ワーク・ライフ・バランス

プラスグループでは、より良いワーク・ライフ・バランスの実現に向けて、
社員が働きやすい職場環境の整備に努め、育児や介護を支援する制度の充実や、労働環境の適正化に継続的に取り組んでいます。

ワーク・ライフ・バランスの推進

プラス株式会社は、ゆとりのある生活の実現に向けて、フレックスタイム制度や裁量労働制に加え、育児休職・休暇・短時間勤務制度をいち早く導入し、のちに介護に関する制度も追加され、育児・介護をしながら仕事ができる、または安心して育児・介護に専念できる環境を構築してきました。
「プライベートが充実していてこそ、仕事で能力を100%発揮できる」。プラスグループは、さまざまな場面でより良いワーク・ライフ・バランスの実現に努力していきます。

子育て支援

プラス株式会社では、社員が仕事と家庭を両立して働き続けやすい環境づくりに取り組んでいます。特に子育て支援については、勤務時間面での配慮と経済的な支援を柱に支援策を拡充し、その浸透に努めています。
2011年より子育て支援の見直しが実施され、出産祝い金の増額や、学費融資支援制度が新設されました。さらに2015年には、中学生までのお子さんを対象とした「子育て支援手当」を支給する制度を設立しました。

育児休職制度・育児短時間勤務制度

プラス株式会社では、妊娠中の定期検診や子供の看護・定期健診等、養育上必要な日数を休暇にあてることのできる「育児休職制度」と、子女が小学校2年時終了直後の5月31日まで短時間の勤務を認める「育児短時間勤務制度」を設けています。
2008年より男性社員も育児休職を取得しており、女性・男性に関わらず育児求職を取得しており、社員が子育てをしやすい環境づくりに取り組んでいます。
2020年度は15名(女性14名、男性1名)が育児休職を取得しました。

※ 2020年度(2020年1月1日~12月31日)に育児休職開始となった社員数

育児休職取得者の声

ジョインテックスカンパニー
スマート事業部 スマートスクール企画部 スマートスクール企画課
永井 恵美
育休取得期間
2019年2月~2020年6月(1年4か月)

コロナの影響で、休職期間が長期間となった為、不安もありましたが、在宅や時短勤務を快くさせてくれたり、業務内容も突然休みとなっても負担のない業務をと配慮いただきました。周囲の理解やサポートもあるので、本当にこの部署で良かったなと思いました。日々サポートしてくださる上司や同僚に感謝しています。

ステーショナリーカンパニー
VISION事業部 製品事業創造二部
高橋 大
育休取得期間
2020年7月~8月(1か月)

同じ部署内で以前に育休を取得した方達の話を聞いていたので、第2子の妊娠が分かった時点から自分も育休の取得に向けて準備を進めました。
上司や周囲の方達にも快く受け入れて頂けたので、とても感謝しています。
もし、今後身の回りで育休を取得する方がいたら、今回の恩返しが出来るように私自身もサポートしていきたいと思います。

プラスグループ 男性社員育休取得者座談会 ~プラスにもっと育メンを!~

介護休職制度・介護短時間勤務制度

プラスグループでは、介護を必要とする家族を有する社員のために、休職中の手当を保障する介護休職制度や、介護と仕事の両立を支援する介護短時間勤務制度を設けています。
プラス株式会社の介護休職制度では最長1年間、介護短時間勤務制度では最長3年間、制度の利用が認められています。
2020年度は2名(女性1名、男性1名)が介護休職を取得しました。

※ 2020年度(2020年1月1日~12月31日)に介護休職開始となった社員数

在宅勤務制度

プラス株式会社では、新型コロナウイルス感染拡大をきっかけに従来の在宅勤務制度の見直しを行い、2020年8月1日に「【新】在宅勤務制度」を制定し、2020年11月1日より適用を開始しました。出社と在宅勤務を組み合わせた働き方により、社員の業務効率、生産性の維持、向上を図るとともに、社員のQuality of Life ( QoL ) を高めることを目的としています。
また新型コロナウイルス感染拡大防止強化対策として、緊急事態宣言発令中においては、在宅勤務制度の運用を拡大し、出社人数をできる限り抑える等の対策を行いました。

社内報では、社員の在宅勤務中の様子や、在宅勤務ならではのエピソードを発信することで、自宅でのオン・オフの切り替え方法や生産性向上のためのヒントを共有しています。

退職者再雇用制度

プラス株式会社では、育児、介護、配偶者の転勤等のやむを得ない事情や転職、進学等キャリアアップを目指して退職した社員を対象にした再雇用制度です。
過去の経験や退職後に培われた新しい視点・スキル・人脈・経験を活かし、再びプラスで活躍していただきます。

副業ガイドライン

プラス株式会社は、2019年12月に社員が特技や趣味、知見を活かし、副収入を得ることを認める副業ガイドラインを制定しました。
働く社員一人ひとりのスキルアップやモチベーションアップをはかるとともに、副業で得る知見や人脈等を活用し、新しい価値の創造につなげることを目指しています。

福利厚生サービス(ベネフィット・ステーション)

プラス株式会社では、役員・正社員・契約社員とその家族(二親等以内)に対しオフタイムを楽しく過ごすためのレジャー・旅行・グルメ・ショッピングや、日々の生活でいざというときに役立つ育児・健康・介護・自己啓発まで、140万件以上の便利で快適なサービスを優待価格で利用できる「ベネフィット・ステーション」を提供しています。

LTD(長期療養時の収入補償)制度

プラスグループでは、社員が安心して働ける環境づくりの一環として、福利厚生制度の充実に努めています。社員が万が一、病気やケガにより長期間仕事ができなくなった場合、最長60歳まで収入を補償するLTD制度を導入しており、会社補償部分に加え、自分で上乗せして補償額を増やすことができる「補償額買増しプラン」も選択することができます。
また、LTD制度のほかにも、グループ保険制度やプラス総合補償制度等、社員が任意で加入することのできる各種生命保険・損害保険を設けています。

健康経営優良法人2020(中小規模法人部門)認定

NSK株式会社は、経済産業省および日本健康会議が主催する健康経営優良法人認定制度にて「健康経営優良法人2020(中小規模法人部門)」に認定されました。
健康経営優良法人認定制度とは、地域の健康課題に即した取り組みや日本健康会議が進める健康増進の取り組みをもとに、特に優良な健康経営を実践している大企業や中小企業等の法人を顕彰する制度です。 NSK株式会社では新たに健康に関するプロジェクトを立ち上げ、社内外へ『すこやか推進宣言』を宣言しました。

  • ※ 日本健康会議
    少子高齢化が急速に進展する日本において、国民一人ひとりの健康寿命延伸と適正な医療について、民間組織が連携し行政の全面的な支援のもと実行的な活動を行うために組織された活動体です。

波の会

仕事以外の時間で、社員同士と交流を深める社員会「波の会」があります。
波の会では、家族を招いたパーティーを開催したり、社員の結婚や出産をお祝いしたり、スポーツ活動を中心とする同好会の活動を行っています。同好会はテニス、フットサル、野球、トレッキング、読書会等の約15団体があり、平日夜や週末に練習や親睦会を開催し、中には公式な大会へ出場している人もいます。

研修施設 ⾳⽻倶楽部

⾳⽻倶楽部は、プラスランド内にある研修施設です。研修・セミナー等での利⽤はもちろんのこと、社員同⼠、または社員とお客様のコミュニケーションづくりのための場所としても利⽤されています。
研修ゾーンでは、スクール形式の70名での研修、2分割して30名での研修が可能な⼤研修室、ディスカッションやグループワークに最適な⼩研修室、図書コーナー、OAコーナー、リフレッシュエリアを設けたリソースセンターなど、プラスが考える快適環境のためのソフトテクノロジーを反映した空間をつくりあげています。
また、宿泊ゾーンには⼼⾝ともにリラックスできるゲストルーム、くつろぎ語り合えるラウンジやコモンスペースがあり、機能性とアメニティを体感することができます。

音羽倶楽部
音羽倶楽部
宿泊室
宿泊室
中研修室
中研修室

働く仲間のためにできること

CSRトップへ戻る

PAGETOP