プラス株式会社

文字サイズ

コンプライアンス・リスクマネジメント

事業を取り巻くさまざまなコンプライアンスとリスク上の問題に対し、的確な管理と危機発生時の適切な対応等に取組んでいます。

プラスグループ コンプライアンスポリシー

プラスグループでは、コンプライアンスを徹底するための手引書として、2006年6月、グループで働くすべての人びとが、法律・諸規則等の遵守と高い倫理観をもって行動するための基本的事項を具体化した「プラスグループ コンプライアンスポリシー」を制定しました。

コンプライアンスの定義
プラスグループにおける「コンプライアンス」とは、法律・諸規則を遵守し、社会常識や消費者感覚に反することのない、誠実かつ公正な企業活動を実践することを言います。
遵守すべき基本的事項
プラスグループで働くすべての人びとが、倫理的に正しく行動するための遵守基準となるべき事項です。記載してある項目のみを遵守すれば良いということではなく、本ポリシーの趣旨に沿って、ここに掲げる項目以外のケースにも対応できるよう、グループ内へ周知徹底を図っています。

1.社会的責任

  • 良き企業市民として社会貢献に努めます。
  • 環境への取組を自主的、積極的に行います。
  • 積極的な社会との対話と公正な情報開示で、会社の信頼性・透明性を高めます。

2.人権の尊重

  • 人格・個性を大切にする、人権尊重の精神に溢れた企業風土を築きます。

3.地球環境

  • 地球環境の保持、改善を目指し、持続可能な社会の実現を目指します。

4.法律やルールの遵守

  • 法律や規則を遵守するだけでなく、社会常識や消費者感覚に反する行動はとりません。
  • 不透明な商慣習や虚礼等を止め、公正・透明・自由な競争を行います。
  • 国際ルールや世界各国の法律を遵守すると共に、現地の習慣・文化を尊重し、発展に貢献します。
  • 労働法を遵守し、労働疾病の状況を把握し、適切な安全・衛生対策を講じます。

5.独占禁止法・下請法の遵守

  • 営業活動および購入先との取引において、独占禁止法を遵守し、公平かつ公正な取引を行います。

6.PL法・知的財産権

  • 業務遂行上、特に関わりの深い「製品の安全性」、及び「知的財産権」については、コンプライアンスの重要性を認識します。

7.適正な情報管理

  • 個人情報や顧客情報等の適正な管理に努めます。

8.反社会的勢力との対決

  • 市民社会に脅威を与える反社会的勢力とは、断固として対決します。

9.政治・行政

  • 政治・行政及び地域社会との健全かつ正常な関係を保ちます。

10.社会貢献

  • 地域社会の一員として積極的に社会貢献活動を行います。

コンプライアンス委員会/リスクマネジメント委員会

コンプライアンス体制
クリックすると拡大表示されます。
リスクマネジメント体制
クリックすると拡大表示されます。

プラスグループでは、法律・諸規則等の遵守と高い倫理観をもって行動するための基本的事項として「コンプライアンスポリシー」を定め、社内イントラネットに掲載し、プラス株式会社取締役会、代表取締役社長、コンプライアンス委員会、リスクマネジメント委員会、監査部等の各組織協同で、コンプライアンスに取組んでいます。

また、事業を取り巻くさまざまなリスクに対して、的確な管理・実践を可能にすることを目的とした「リスクマネジメント基本規程」を定め、代表取締役直轄の7分科会からなるリスクマネジメント推進委員会ならびに危機管理室を設置し、
(1)法令違反リスク
(2)製品・サービスリスク
(3)与信リスク
(4) 情報リスク
(5) 雇用・人事リスク
(6)社内不正・犯罪リスク
(7)災害・事故リスク
(8)環境リスク
(9)その他
を対象リスクとして捉えています。

コンプライアンス委員会およびリスクマネジメント委員会では、日常的な事業活動におけるコンプライアンス意識の向上・法令遵守を維持するための研修や、年一回、リスク予防・対応・再発防止等を目的とした全従業員対象のe-ラーニングによる教育を実施しています。

PAGE TOP