MENU

地域社会のためにできること

「PLUS・AGUベトナムスカラーシップ」奨学金授与式

2013年にプラスが青山学院大学との提携により創設した、ベトナムからの留学生を支援する『PLUS・AGUベトナムスカラーシップ』。2019年度は、ホーチミン市人文社会科学大学から2名、ハノイ国家大学外国語大学から1名、計3名の奨学生を決定し、2020年2月3日(月)、ショーケース「+PLUS(プラス・プラス)」にて奨学金授与式を行い、奨学金証書を授与しました。
(『PLUS・AGUベトナムスカラーシップ』についてはhttps://www.plus.co.jp/csr/topics/vietnam.htmlをご覧ください)

200303_viet_001.jpg

当日は本年度奨学生の皆さんが、資料を交え、流暢な日本語で日本での学生生活などについてスピーチをしてくださいました。

【ハノイ国家⼤学外国語⼤学 奨学生スピーチ】

私は小さいころから日本のアニメや漫画が大好きで、大学に入ったら日本語を勉強しようと思っていました。私の今の夢は日本語の教師になることです。
ベトナムでは今、日本語を勉強する人がますます増えています。日系企業も多いし、日本に留学したい人も多いのですが、ベトナムでは日本語を教える教師が足りないので私はベトナムと日本の友好のために貢献したいと思っています。青山学院大学ではいろいろな科目を勉強します。日本語の科目では、会話、読解、聴解、作文の基本的なスキルを勉強します。授業以外に文化祭に参加するチャンスもありました。本当に楽しかったと思います。日本語の教師になるためには、日本語の能力だけでは足りないと思います。日本の文化、日本人の生活とかたくさんの行動を見たいと思います。

奨学⽣の皆さんが、⽇本で得たたくさんの知識や経験をベトナムに持ち帰って、今後に活かしてくださることを願っています。

青山学院大学のベトナム人留学生支援「PLUS・AGUベトナムスカラーシップ」

対象人数:3名(留学期間:1年間)
対象者:⻘⼭学院⼤学ベトナム⼈留学⽣
※⻘⼭学院⼤学との学⽣交換協定締結校「ハノイ国家⼤学外国語⼤学」および「ホーチミン市⼈⽂社会科学⼤学」からの留学⽣
支給金額:3,000,000 円(1名あたり1,000,000円⽀給)
支給開始:2019年9⽉

200303_viet_002.jpg

CSRニュース一覧に戻る

PAGETOP