プラス株式会社

文字サイズ

ニュースリリース

プラス、唯一の文具メーカーとしてプラスチック回収に参画

リサイクル実証事業「BRING PLA-PLUS(ブリング プラプラ)プロジェクト」
― 57企業・団体(回収拠点全国約2,000箇所)が環境省と連携 ―


bring_pla-plus17.jpg

 プラス株式会社(東京都港区、代表取締役社長:今泉公二)は、環境省が推進するプラスチック製品の店頭回収によるリサイクルの実証事業「BRING PLA-PLUS(ブリング プラプラ)プロジェクト」に、回収参加57企業・団体のうち唯一の文具メーカーとして参画します。2017年1月24日(火)~3月3日(金)の期間、使わなくなった文具・おもちゃなどのプラスチック製品を当社ショールーム「+PLUS(プラス・プラス)」*(東京都千代田区)にお持ちいただき回収します。

 「BRING PLA-PLUSプロジェクト」は、環境省の「製品プラスチックの店頭回収・リサイクルの実証事業」(事務局 日本環境設計株式会社)に基づいて、消費者・販売店・メーカーが一体となって取り組む、プラスチック製品リサイクルの仕組みを構築する試みです。第6回目を迎える今回のプロジェクトは、ショッピングモール、総合スーパー、専門店、コーヒーストア、ファストフード店、家電量販店など全国約2,000箇所の回収拠点(回収参加57企業・団体)で実施します。昨年度は1,728拠点で1,333㎏のプラスチック回収という実績を上げています。

 現在、生活用品などの多くのプラスチック製品は「容器包装リサイクル法」の対象外となっているため、多くの自治体で分別収集されないまま焼却・埋立処分されています。しかし将来に向けて、より高度な循環型社会を形成するには、それらのプラスチック製品についても可能な限りリサイクルを進めていく必要があります。

 プラスは修正テープやファイル等プラスチックを原材料に使う製品を数多く手掛ける文具メーカーの立場からこの理念に賛同、当事業への参画は5回目となります。今後はこれまでの活動実績を生かして、循環型社会における文具製品開発を実現すべく、リサイクルされたプラスチックの商品化にも研究・取り組む予定です。

*「+PLUS」は、プラスブランドのオフィス家具、文具、ミーティングツールの最新情報を発信するショールームです。

《プラス株式会社の実施概要》

名称 :「BRING PLA-PLUS(ブリング プラプラ)プロジェクト」 
実施期間 :2017年1月24日(火)~2017年3月3日(金)
対象製品 :使わなくなった文具、おもちゃなどのプラスチック製品(金属、包装容器等を除く)
回収場所 :プラス(株)ショールーム「+PLUS(プラス・プラス)」
 東京都千代田区永田町 2-13-5 赤坂エイトワンビル 1階
回収方法 :「+PLUS」店頭に専用回収ボックスを設置。
 お客様に使わなくなったプラスチック製品を持ち込んでいただきます。

【参考】
環境省HP:http://www.env.go.jp/
プロジェクト事務局/日本環境設計株式会社HP: http://plaplus-project.jp/
プラスグループ環境・社会活動報告:http://www.plus.co.jp/csr/report/




※ 本プレスリリース記載の情報は発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

本件に関するお問合せ先

報道機関からのお問合せ先
プラス株式会社 港区虎ノ門4-1-28 虎ノ門タワーズオフィス12F
コーポレート本部 総務部 広報室 藤原
Tel.03(5860)7012  Fax.03(5860)7070

プラス広報事務局
Tel.03(5251)4779  Fax.03(3504)8651

お客様からのお問合せ先
回収店舗 『+PLUS』  http://www.plus.co.jp/showroom/
Tel.03-5860-2350
営業時間 平日 10:00~17:00

ステーショナリーお問い合わせセンター
Tel.0120-000-007
受付時間 平日 9:00~12:00 / 13:00~17:30

一覧に戻る

PAGE TOP