プラス株式会社

文字サイズ

ニュースリリース

国内に新工場を開設し、ベトナム工場と二極体制へ
プラス、紙製フラットファイルの生産体制を強化

ff_1.JPG

プラス株式会社(東京都港区 代表取締役社長 今泉公二)は、紙製フラットファイルの生産体制を強化し、グローバルベースでの最適な生産体制を構築するため、2016年2月、埼玉県大里郡寄居町(よりいまち)に新工場「寄居工場」を開設いたします。
 併せて現在のベトナム・中国の自社工場2拠点による紙製フラットファイルの生産体制を見直し、中国・上海工場はその機能を寄居工場へ移管し、修正テープをメインとする工場に変換いたします。
 これにより紙製フラットファイル生産は、既存のベトナム・ヌンチャク工場※1と埼玉・寄居工場の二極体制となり、事業基盤のさらなる強化を図ってまいります。寄居工場は2016年2月から試験稼働を開始し、同年5月より本格稼働の予定です。

最新設備と自動化ラインを備えた新工場の開設により、さらなる品質向上とともに、受注から納品までのリードタイムが短縮されることで、よりお客様のニーズに沿ったきめ細かいサービスの提供が可能となります。今回の生産体制の再編では、ベトナム・ヌンチャク工場にも埼玉・寄居工場と同じ最新の生産設備を導入し、生産能力の増強と効率化を図ります。

プラスは、1995年に埼玉・所沢工場で紙製フラットファイルの生産を開始。その後生産拠点を海外へ移し、2004年から上海工場、翌2005年からはマザー工場であるベトナム工場での生産を開始いたしました。
 生産開始以降、部品点数の少ない製品ながら、金属製とじ具から保持力・操作性の高い100%再生樹脂を利用したとじ具への変更、廃棄時の環境に配慮したノンステッチ製法※2へといった変更等を行い、製品仕様面での進化をさせてきました。又、再生紙や間伐材といった紙仕様、カラー、サイズ、とじ厚といった使用用途展開を行い、豊富な製品バリエーションを展開してまいりました。
 こういった点において多くのお客様から支持を得て、生産当初、数パーセントだった市場シェアは21年間で40%以上※3にまで拡大することができました。
 2015年9月には、公益財団法人日本デザイン振興会より「グッドデザイン・ロングライフデザイン賞」を受賞。"10年以上にわたり継続的に販売され、市場で多くのユーザーからの支持を得ている"として高い評価を頂戴しています。

プラスは今回の生産体制強化を機に、紙製フラットファイルのさらなる品質向上・コスト削減を進めるとともに、安定生産、市場競争力の強化を目指してまいります。

※1  プラスは1995年にベトナムに進出。現在ヌンチャク工場(30,300㎡)、ビエンホア工場(26,400㎡)、モールディングファ クトリー(5,600㎡)の3拠点でステーショナリーを生産しています

※2  プラスのフラットファイルは、表紙のとじしろ部の金属ステッチをなくした、のりによる接着方式を採用しています 針の取り外しがいらない簡単分別で背表紙の浮きもなく、すっきりと収納できます

※3  2016年1月当社調べ


◆プラス 埼玉「寄居工場」

生産品目 :紙製フラットファイル
所在地 :埼玉県大里郡寄居町西ノ入3050-3
 日本梱包運輸倉庫株式会社 工場棟内
工場開設 :2016年2月
敷地面積 :1,340㎡
ff_2.JPG

◆プラス ベトナム「ヌンチャク工場」

生産品目 :はさみ、紙製フラットファイルを含む各種ファイル製品、ホッチキス針 他
所在地 :ドンナイ省 ヌンチャク3工業団地 25B番地
工場開設 :2010年5月
敷地面積 :30,300㎡
建物面積 :17,185㎡

※ 本プレスリリース記載の情報は発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

本件に関するお問合せ先

報道機関からのお問合せ先
プラス株式会社 港区虎ノ門4-1-28 虎ノ門タワーズオフィス12F
コーポレート本部 経営企画部門 広報担当  藤原
Tel.03(5860)7012  Fax.03(5860)7070

プラス広報事務局
Tel.03(5251)4779  Fax.03(3504)8651

一覧に戻る

PAGE TOP