プラス株式会社

文字サイズ

ニュースリリース

ビズネット株式会社株券等に対する公開買付けの開始に関するお知らせ(要旨)



 プラス株式会社(以下「当社」)は、本日の取締役会において、ビズネット株式会社(コード番号:3381 株式会社大阪証券取引所JASDAQスタンダード市場、以下「ビズネット」または「対象者」)の普通株式及び新株予約権を、公開買付け(以下「本公開買付け」)により取得することを決議いたしましたので、以下のとおりお知らせいたします。
 尚、ビズネットの本日の取締役会においても、本公開買付けに賛同の意見を表明するとともに、同社株主に対して本公開買付けに応募することを推奨する旨の決議がなされております。

1.買付け等の目的等

 当社は昭和23年に文具・事務用品卸としてスタートし、その後文具・オフィス家具等のメーカーへと転進する一方、流通形態の刷新にも取組み、業界の商習慣や文具・オフィス家具といった取扱商品の範囲にこだわらない独自の流通サービスを発明するなど、市場創造に鋭意取組んでまいりました。
 その流通形態刷新の一つとして、当社は、大手・中規模事業所向け文具・オフィス関連用品の調達代行を目的とする新規流通事業部門を、平成9年9月に当社のQDS事業部として発足し、平成12年5月21日にソリューション事業としての位置付けを明確にするために、ビズネット株式会社として当社から分社いたしました。  ビズネットは、大手・中堅企業に対して、文具・オフィス生活用品等間接材の調達システムと社内物流業務のプラットフォームを提供し、企業の間接部門におけるビジネスプロセスの効率化をお手伝いする企業を目指しております。また、ITとロジスティクスとの複合的サービスにより、環境対応に優れた効率性の高い流通ソリューションの提供に努めております。
 しかしながら、わが国経済は、国内経済の成熟化や人口減少、欧州の財政問題等による世界経済の減速懸念、円高進行、株価の長期低迷等のマクロ的要因を背景に、景気の先行きの不透明感をぬぐえない状況が続いております。ビズネットを取り巻く事業環境につきましても、大手・中堅企業における購買抑制や価格競争の激化は継続しており、間接材購買需要は依然として厳しい状況となっております。
 当社はビズネットの発行済株式総数の49.79%を保有(間接保有分も含む)しておりますが、このような状況の中、当社グループ及びビズネットの発展を今後も継続するためには、両者の現状の資本関係を維持するよりも、両者が親会社・完全子会社として強力な協力体制を構築することが最良の選択肢と考え、両者協議の結果、ビズネットを当社の完全子会社として迎え入れることが両者の企業価値向上に資するものと両者にて判断するに至りました。
 尚、ビズネットは当社の完全子会社化後も、ソリューションの担い手としてお客様を第一に位置づける事業方針を維持継続いたします。

2. 買付け等の概要

(1) 対象者の概要

名称
 ビズネット株式会社
所在地
 東京都千代田区三番町6番地14
代表者の役職・氏名
 代表取締役社長  小川 修二
事業内容
 オフィス用品販売や間接材の調達代行、物流管理事業
資本金
 1,197,200千円(平成23年11月20日現在)
設立年月日
 平成12年5月21日
大株主及び持株比率
(平成23年11月20日現在)
 プラス株式会社  43.96 %
 今泉 嘉久  5.71 %
 プラスロジスティクス株式会社  4.48 %
 今泉 壮平  2.69 %
 有限会社ソマック  1.93 %
 ビズネット従業員持株会  1.84 %
 今泉 公二  1.44 %
 プラス技研株式会社  1.34 %
 渡辺 順彦  1.11 %
 中嶋 光正  0.94 %
公開買付者と対象者の関係
資本関係
 当社は、対象者株式を9,812千株(対象者の発行済株式
 総数22,318千株に対する保有株式数の割合にして
 43.96%)直接保有するとともに、対象者株式を1,300千株
 (同5.82%)間接保有しております。
人的関係
 当社と対象者との間には、記載すべき人的関係は
 ありません。
取引関係
 当社は、対象者との間で、対象者に対する製品の販売等
 の取引を行っております。
関連当事者への該当状況
 対象者は当社の連結子会社であり、関連当事者に該当
 します。

(2) 日程等

買付け等の期間
 平成24年5月1日(火曜日)から平成24年6月13日(水曜日)まで(30営業日)
公開買付開始公告日
 平成24年5月1日(火曜日)電子公告を行い、その旨を日本経済新聞に掲載します。
 (電子公告アドレス http://info.edinet-fsa.go.jp/)

(3) 買付け等の価格

 普通株式1株につき金102円
 新株予約権 1個につき金5,200円

(4)買付予定の株券等の数

買付予定数
買付予定数の下限
買付予定数の上限
12,757,656 (株)
8,542,704 (株)
― (株)
(注1)
応募株券等の数の合計が買付予定数の下限(8,542,704株)に満たない場合は、応募株 券等の全部の買付け等を行いません。応募株券等の数の合計が買付予定数の下限以上の場合は、応募株券等の全部の買付け等を行います。
(注2)
本公開買付けを通じて、対象者が保有する自己株式を取得する予定はありません。
(注3)
買付予定数は、(a)対象者の平成24年2月20日現在の発行済株式総数(22,318,000株)に、(b)同日現在の新株予約権の対象となる対象者の普通株式の数の最大数(310,000株)を加算した株式数から、(c)同日現在対象者が保有する自己株式数(58,344株)及び当社が保有する株式数(9,812,000株)を控除した株式数(12,757,656株)です。

(5) 今後の見通し

 当社は、ビズネットが保有する自己株式を除いた同社の発行済株式の全てを取得する予定です。
 当社は、本公開買付けが成功裡に終了した場合、ビズネットの臨時株主総会でスクイーズアウトのための決議を行い、ビズネットを完全子会社とする予定であり、また同社普通株式は、所定の手続を経て上場廃止となる見込みです。

(6) 当社とビズネットの株主との間における本公開買付けの応募に係る重要な合意に関する事項

 本公開買付けに際して、当社は、当社完全子会社であるプラスロジスティックス及びプラス技研より、保有する対象者の普通株式の全て(合計1,300,000株、保有割合:5.82%)について、並びに当社の代表取締役会長である今泉嘉久氏、当社の代表取締役社長である今泉公二氏、当社の取締役である今泉三千夫氏、今泉公二氏の親族である今泉壮平氏、今泉嘉久氏の親族である今泉英久氏、及び今泉公二氏が代表取締役を務める有限会社ソマックより、それぞれが保有する対象者の普通株式の全て(合計3,027,750株、保有割合:13.57%)について、本公開買付けに応募する旨の同意を得ております。

(7) 公開買付代理人

 みずほ証券株式会社    東京都千代田区大手町一丁目5番1号

以 上

本件に関する資料はこちらから、ご確認頂けます。

本件に関するお問い合わせ先

報道機関からのお問合せ先
プラス株式会社 港区虎ノ門4-1-28 虎ノ門タワーズオフィス12F
秘書部 広報室  藤原
Tel.03(5860)7012  Fax.03(5860)7070

一覧に戻る

PAGE TOP