プラス株式会社

文字サイズ

ニュースリリース

ジョインテックスカンパニー、被災地の中学生への“こころざし教育”をサポート

プラス・ジョインテックスカンパニー、NPO法人GRA(ジーアールエー)と協働
宮城県亘理郡山元町の2中学校にキャリア教育支援活動

 

 プラス株式会社(東京都港区 代表取締役社長 今泉公二)の社内カンパニーであるジョインテックスカンパニー(カンパニープレジデント:常務取締役 淺野紀美夫)は、宮城県亘理(わたり)郡山元町で震災からの復興と地域課題解決に取り組むNPO法人GRA(ジーアールエー)(宮城県亘理郡山元町 代表 岩佐大輝)と共同で、山元町の中学校2校の1・2年生を対象にキャリア教育支援活動として、将来の夢や目標を考える力を育む「PLUS×GRA こころざし教育」のクラスを7月12日(木)・13日(金)の山下中学校を皮切りに、来年3月まで順次開講いたします。

■“GRA こころざし教育”の取り組みに、文房具・教材や運営資金の寄付、講師派遣等で協力


被災地の子どもたちが自分の能力で自らの人生を切り開ける大人に成長し、東北を再創造する将来のリーダーとなってくれたら−。GRAが2012年2月からスタートした「こころざし教育」は、中学校と連携し、公式の授業として展開されているキャリア教育プログラムです✽1。授業では、多様な職業経験を持つ社会人が講師を務め、子ども達に色々な仕事、働き方、やりがいを語ることで、自分のやりたい仕事を見つけるきっかけをつくり、夢や目標について考えることの大切さを伝えることを目指しています。
これまでGRAでは、メンバーである現役社会人約50人の講師✽2による5回の授業を、延べ約500名の生徒を対象に実施し、高い評価を得てきました。
ジョインテックスはGRAの活動主旨に賛同。スタート時から、授業で使用するノート・ふせん等の文房具や教材を提供してきましたが、2012年7月からはこれに加えて、運営資金の一部を寄付。さらに社員を講師として派遣して本格的に参画します。
将来的には、「こころざし教育」の一層の充実を目指し、GRAとの教育コンテンツの共同開発や、コピーボードやタブレット端末等を活用した山元町でのICT教育の実施といった取り組みも視野に、継続的な協働関係を築いてまいります。
✽1 宮城県が2010年3月から小中高等学校の教育振興基本計画の一つに掲げる「志教育」を踏まえて、教育委員会、学校と連携しながら中学生の進路指導につなげるオリジナルプログラムを作成
✽2 講師希望者には、派遣前に講師養成研修を実施

<ジョインテックスの被災地支援活動>


全国に営業拠点をもつジョインテックスカンパニーは、被災地支援と復興に向けての営業展開のため2011年6月東北支社内に「みちのく復興支援室」を開設。同時に、カタログ通販「スマートスクール」をご利用いただいている小・中学校に、売上の一部から色画用紙セットを贈る「チャイルド スマイル・プロジェクト・ジャパン」や、幼稚園や保育園、小学校へおりがみと手紙をお届けする「プロジェクトおりがみ」などを展開しています。
【名称】 「PLUS × GRA こころざし教育」
【実施校】 山元町立 山下中学校・坂元中学校 (宮城県亘理郡山元町)
【対象】 1、2年生 約250名
【内容】 90分授業 × 6ユニットで構成(1年生~2年生の2年間で全ユニット受講予定)
【授業例】 世の中の仕事と、自分の価値観を結び付け、やりたい仕事のイメージを持つ(第5回)
【開講日】 2012年7月12日(木)・13日(金)┅山下中学校
以降、各校で 2013年3月末までに計14回 開催予定

◆特定非営利活動法人 GRA(ジーアールエー) 概要


2011年4月、グロービス経営大学院の学生有志により任意団体として結成。7月にはNPO法人化を決定し、現在約500名をプロボノで巻き込む。「10年100社10,000人の雇用を創出する」というビジョンを掲げ、東日本大震災で甚大な被害を受けた宮城県亘理郡山元町にて、【1】農業(山元いちごの全国ブランド化)【2】教育(将来のこころざしリーダーを育成)【3】交流(地元の方々と交流し一緒に町の将来を考える)の3分野で、震災からの復興だけではなく、震災以前から存在していた人口流出や少子高齢化などの地域課題解決に挑む。
※専門的スキル、経験を活かしたボランティア活動
【代表】 岩佐大輝
【所在地】 宮城県亘理郡山元町坂元字永作3番地
【メールアドレス】 gra-info@gra-npo.jp
【ホームページ】 http://www.gra-npo.jp/

■プラス株式会社 ジョインテックスカンパニー 概要


提携する全国文具事務用品店を通じ、カタログ通販に専任営業サポートが付いたデリバリーサービス「スマートオフィス」、文教市場向け「スマートスクール」を中心に、カスタマーデザイナーによる家具レイアウト提案、購買コストダウンや環境購買への提案を行う「JeSS」等、オフィス生産性向上に資する独自サービスを展開しています。
【カンパニー代表者】  カンパニープレジデント 淺野 紀美夫(プラス株式会社 常務取締役)
【本部所在地】  東京都豊島区東池袋4-41-24 東池袋センタービル
【主要営業拠点】  札幌、仙台、群馬、埼玉、東京、横浜、名古屋、大阪、広島、福岡
【ホームページ】  http://www.jointex.co.jp
本プレスリリース記載の情報は発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

本件に関するお問い合わせ先

報道機関からのお問合せ先
プラス株式会社 港区虎ノ門4-1-28 虎ノ門タワーズオフィス12F
秘書部 広報室  藤原
Tel.03(5860)7012  Fax.03(5860)7070

プラス広報事務局
Tel.03(5251)4779  Fax.03(3504)8651

お客様からのお問合せ先
プラス株式会社 ジョインテックスカンパニー
Tel.0120-850-393

一覧に戻る

PAGE TOP