社員の服装を自由化

社員の「服装の自由化」を実施しました。クールビズの推進や女性の制服廃止をする会社が増えたことで、オフィスでのカジュアルな服装は今でこそ珍しくなくなりましたが、当時はまだまだ珍しいことでした。もちろん、プラスが服装の自由化に踏み切った目的は省エネや経費削減ではなく「会社の文化を変える」ことにありました。服装が自由化された翌年に作られた会社案内で今泉嘉久社長(現会長)が服装の自由化について触れています。

年代別トピックス一覧はこちら