プラス株式会社

文字サイズ

CSRニュース

「女子中高生夏の学校2017」に参加しました!

2017/8/6地域社会のためにできること

2017年8月6日(日)、独立行政法人国立女性教育会館が主催する、女子中高生理系進路選択支援プログラム「女子中高生夏の学校2017 ~科学・技術・人との出会い~」(以下、夏学)にプラス株式会社として参加しました。

実施月日 2017年8月5日(土)~7日(月)※プラスは6日(日)のみ参加
実施場所 国立女性教育会館

「夏学」は、女子中高生が「科学技術にふれ」、科学技術の世界で生き生きと活躍する女性たちと「つながり」、科学技術に関心のある仲間や先輩とともに「将来を考える」機会として、2泊3日の合宿研修期間中、女子中高生が科学研究者・技術者、大学生・大学院生等との交流を通じて、理系進路の魅力を知り、あるいは再確認し、理系に進もうという意思を高めることを目的としています。

プラスが参加したのは、8月6日(日)、【女子中高生】サイエンスアドベンチャーⅡ「研究者・技術者と話そう」のポスター展示です。
これは、40の学会や団体から、様々な分野でキャリアを歩んでいる人がポスター展示や演示実験を行い、同時に進路選択やキャリアに関する疑問や不安を相談できるというものです。
プラスでは、女子中高生に身近に感じていただける文具に関係する理系のテーマとして「のりを科学する!!“モノ”がくっつくとは」を選定し、ポスターを制作・展示しました。

ポスター展示と併せ、身の回りの「のり」の分類「粘着」と「接着」についてと身近な文具に応用されている技術「離型フィルム」についてご説明、「ぬれ性」と「粘着力」の実験を行いました。

プラスのブースには40名程度の女子中高生・保護者・教員の方にお越しいただき、皆さんに実験を楽しんでいただきました。
加えて、文具の技術的なご質問やキャリアに関するご質問をたくさんいただきました。

なお、今回の「夏学」には、当社より、2リングファイル、ノート、モジライナー(マーキングテープ)、ホワイパーPT(修正テープ)、ノリノポッド(テープのり)を提供しています。

<参考>
平成29年度「女子中高生夏の学校2017~科学・技術・人との出会い~」実施報告
https://www.nwec.jp/event/training/g_natsugaku2017.html

「女子中高生夏の学校2017~科学・技術・人との出会い~」へのご支援
https://www.nwec.jp/event/training/ndpk5s00000066wu-att/hpkyousan.pdf

PAGE TOP