プラス株式会社

文字サイズ

CSRニュース

ジョインテックスカンパニー中部支社
国土交通省中部地方整備局と大規模災害時における物品等調達に関する協定を締結

2016/8/31地域社会のためにできること

2015年10月、ジョインテックスカンパニー中部支社は、国土交通省中部地方整備局と「大規模災害時における物品等調達に関する協定書」を締結しました。

「大規模災害時における物品等調達に関する協定書」とは、地震・大雨等による自然災害などの大規模災害発生時、国土交通省中部地方整備局が防災官署として、被害の拡大防止と被災施設の早期復旧のための活動に必要となる物品等の調達を目的とし、災害対応のため緊急的に必要となる物品等がある時、中部支社に対して協力を求めることができ、中部支社は協力を求められた場合、可能な範囲でこれに応ずるというものです。

中部支社は対応可能物品として、コピーペーパー、アルカリ電池、油性マーカー、ごみ袋、懐中電灯など9品目を2015年1月に愛知県大府市に開設した物流拠点「ジョインテックス中部センター」に保管しており、本協定締結に至った背景には、この中部センターの存在が大きく、中部地方整備局により同センターの安定した物流インフラが高く評価されたものと思われます。

ジョインテックス中部センター
ジョインテックス中部センター

ジョインテックス中部支社は、本協定を締結したことにより、本来のビジネスを通じ、地域への貢献を果たしていきます。

PAGE TOP