プラス株式会社

文字サイズ

コーポレート・ガバナンス体制

経営の健全性、透明性、コンプライアンスを重視した経営を行い、コーポレート・ガバナンスの強化に向けて努めています。

コーポレート・ガバナンスの考え方

プラス株式会社では、経営の健全性、透明性、コンプライアンスを重視した経営を行い、経営環境の変化に柔軟に対応できる経営体制の確立を重視するとともに、コーポレート・ガバナンスの強化に向けて努めています。

コーポレート・ガバナンス体制

プラス株式会社の取締役会は、取締役8名で構成され、経営の重要事項の審議や、事業の概況報告等を行っています。また、取締役会の委任を受けた事項、その他業務上の重要な事項に関し協議する機関としてコーポレート会議を設置し、意思決定の迅速化を図るとともに、適宜、経営課題について活発な議論を行っています。また、監査役(2名)は、取締役会、適宜コーポレート会議に出席するほか、代表取締役・取締役及び子会社社長と定例的に意見交換を行い、また会計監査人及び監査部から監査に関する重要事項の報告を受け、定例的に実地監査を行っています。

コーポレートガバナンス体制

内部統制システム

プラス株式会社は、取締役会及び監査役のほか、監査部(3名)を設置し、監査役と監査部との連携において事業経営監査や内部監査を幅広く実施するとともに、内部統制の実効性が確保できる体制の強化に努めています。

PAGE TOP