プラス株式会社

文字サイズ

CSRマネジメント

プラスグループでは、持続可能な社会の実現に向けて、プラスグループの企業理念を具現化し、日々の事業活動を通じて社会的課題の解決に貢献することがプラスグループのCSRであると考えています。

企業理念

企業理念

2015年4月、グループ共通の企業理念として「新しい価値で、新しい満足を。」を制定、同時にビジョン、価値観、行動指針を明文化しました。

国際規格「ISO26000」課題とプラスグループCSR活動対照表

「ISO26000」課題

社会的責任に関する国際規格「ISO26000」の7つの中核主題と、プラスグループCSR活動において該当する項目の一覧です。

企業理念とCSRの考え方

企業理念とCSRの考え方

プラスグループにおけるCSRとは、企業理念「新しい価値で、新しい満足を。」を具現化することです。

CSR推進体制

CSR推進体制

2014年4月、グループ各社のこれまでのCSRの取組みを活かしたグループ横断のCSR推進体制を構築しました。

コーポレート・ガバナンス体制

コーポレート・ガバナンス体制

経営の健全性、透明性、コンプライアンスを重視した経営を行い、コーポレート・ガバナンスの強化に向けて努めています。

コンプライアンス・リスクマネジメント

コンプライアンス・リスクマネジメント

事業を取り巻くさまざまなコンプライアンスとリスク上の問題に対し、的確な管理と危機発生時の適切な対応等に取組んでいます。

PAGE TOP